賃貸物件を探すならアパートも候補に入れる

賃貸物件を探す際に毎月の家賃をなるべく抑えたいのであれば、マンションや一戸建ていった物件だけでなく、アパートも視野に入れて探すのがおすすめです。


特に住宅密集地である都市部で一人暮らしをするための賃貸物件を探す際には、ワンルームや1Kなどの占有面積が小さめの物件の契約を結ぶ機会が多いものですが、アパートにはそういった物件が数多くあるため、単純に居住先としての候補物件の数を増やせるのはもちろんのこと、マンションと比べてアパート方が毎月の家賃が安めに設定されていることが多いというのは見逃せないポイントです。

同じ街にあるマンションとアパートを比べた際に、駅からの距離や物件の占有面積、室内の設備といったものが同程度の物件である際には、その街の家賃相場としてマンションよりもアパートの方が、数千円ほどは安いケースが大半なのです。

本当の高崎の賃貸情報を集めました。

人気のエリアや家賃相場が高い傾向になるエリアであれば、両者の相場で1万円近い違いが出るといったこともあるため、毎月の家賃節約の際にはまずアパートを探し始めるといった選択をしておけば間違いないものでもあります。



これは毎月家賃に割くことができる費用が決まっており、なおかつ予め住みたい街やエリアを決めて賃貸物件探しを始める際には有効活用したい方法でもあります。
アパートを探す際のポイントとしては、浴室とトイレが別になっているのか、あるいは同じ空間に揃っている、いわゆるユニットバスなのかといった点を重視して探すことで、より家賃の節約が可能となります。

浴室とトイレが分かれている物件よりもユニットバスの物件の方が相場が安くなる傾向があるためです。

また階上にも部屋がある物件なのか、両隣に住人が住んでいるのかといったことも気にしたいポイントです。


これは生活音が響きやすい物件もしばしば見かけるためであり、そういった物件では階上や両隣に生活している人がいるのといないのとでは大きな差が出るためです。